週刊朝日

平成17年11月25日号


いまとるべきは現実的な返還論

 今回の日ロ首脳会談を前にして、プーチン大統領は突然、領土問題に対して強硬な発言をはじめた。会談前のゆさぶりとも受け取れる発言の真意は何か。

 「プーチン大統領は、小泉首相がどこまで幅を持って言ってくるか注目していると思いますよ。日本側は現実的な4島返還論をとることです。少なくともロシア側は、56年宣言で約束した2島の引渡しは、必ず行うと言っているわけです。その約束と残り2島の国後島と択捉島、これをどうつなぐのかというのがね、政治のトップリーダーである小泉首相の判断だと思いますよ。それは小泉さんの出方次第、智恵の出し方だと思います。」

 果たして、日本側には、そのための具体的な秘策でもあるのだろうか。
「私は森元総理が適役だと思いますよ。いわゆる根回しといいますか、少なくとも森さんが提案した話をスタート台にするだけの柔軟性を小泉さんが持てば、ぼくはプーチン大統領は乗ってくると思いますよ。それに外務大臣で言うならば、町村(信孝)さんも、今度の麻生太郎さんのほうが幅のある人ですから。麻生さんと森さんが良いタッグを組むことだ。なかなか決まらなかった大統領訪問の日程が6月、森さんがロシアに行ったら決まった。つまり森さんのウエートは高いし、ロシア側からの信頼も厚いということですよ」

 鈴木議員はロシア外交の秘策として、森前首相の活用を挙げる。だがそもそもこうした情報は首相官邸に伝わっているのだろうか。
「再三モスクワに行っている森さんの信頼度は高いんですよ。それに、私の持っている情報や人脈は、森さんに説明したり、ペーパーを渡すなどして逐一伝えてあります。同様に総理周辺にも伝えてあります。
日ソ共同宣言から50年がたとうとしている。圧倒的な権力を持つ小泉首相とプーチン大統領。それぞれ残された任期は少ない。小泉=プーチンとしてはおそらく最後になるであろう今回の日ロ首脳会談で、果たして領土問題での大きな進展はあるのだろうか。
「9月11日の総選挙で小泉さんは圧勝した。クレムリンは強い政治を評価しますから、そういう意味では小泉さんは選挙結果を踏まえて大きな決断をすべきです。期待値も下がっている今は逆にチャンスです。きょうの段階ではいい話はなにもない。だが、それがかえって、小泉さんが決断する最大のチャンスなんですよ」

【平成17年11月25日号週刊朝日】 より抜粋

このサイトの写真・文章などは、手段や形態を問わず複製・転載することを禁じます。
Copyright (C)2000 Muneo Suzuki Office. All rights reserved.