週刊文春

平成18年10月12日号


PAPAS広告

エネルギッシュと言う言葉は、なんだか近頃、冷遇されている。
特におじさんが頑張ると、アブラギッシュなんて揶揄されてしまう。
逆の立場で見ると、今のヤングジェネレーションは低温世代ということになる。
若い人たちは総じて、お熱いのが嫌い。まあ世代間の温度差は、ピラミッドの時代
からのことだそうだから仕方ないにしても、こと政治となると、熱いエネルギッシュな人の存在は必要不可欠と思う。頭脳はクールであってほしいけれど、理不尽な言いがかりを、深刻そうな顔して黙って飲み込んでいたら、相手だってつけあがるに決まってる。
それじゃあクールのクの字をフに置き換えたほうがいい。
もちろん人に伝わることが前提だけれど、人の気持ちの凝りをほぐすのは
決して冷たさではないはずだ。政界でいちばん熱い男を自認する、鈴木宗男さん。

走りっぱなしの鈴木さんに、ぜひ、ひとときのパパスタイムをご提案したい。

【平成18年10月12日号 週刊文春】 より抜粋

このサイトの写真・文章などは、手段や形態を問わず複製・転載することを禁じます。
Copyright (C)2000 Muneo Suzuki Office. All rights reserved.