平成18年11月17日 讀賣新聞 1面

讀賣新聞 「団塊」自負と心残り
「豊かな社会が実現」8割
「モラル失われた」も8割


 讀賣新聞社は、来年から定年を迎える、いわゆる「団塊の世代」(1947年〜1949年生まれ)の人たちを対象に、全国アンケートを実施した。調査は、9月にこの世代の5000人にアンケートを送り、回答返送してもらう方式で行った。有効回答数は2638人で、回収率は53%。戦後日本の“牽引車”として誇りを持つ一方、自分たちの時代で、社会のモラルが失われ、地域や家族のつながりが薄れてしまったと振り返る人たちが多かった。
 アンケートの中で、自分と同じ「団塊の世代」を代表していると思う有名人を1人だけ自由に挙げてもらった。
※ その中で鈴木宗男・新党大地代表が20位に入った。


平成18年11月17日 讀賣新聞 17面

◇団塊の世代を代表していると思う有名人

順位氏名件数
@北野 武1646.2
A星野 仙一793.0
B武田 鉄也572.2
C五木ひろし401.5
D沢田 研二291.1
E井上 陽水230.9
F谷村 新司210.8
 南こうせつ210.8
 森  進一210.8
I矢沢 永吉170.6
J西郷 輝彦160.6
K菅  直人150.6
L村上 春樹120.5
 森田 健作120.5
N西田 敏行110.4
 都 はるみ110.4
P小田 和正100.4
Q小倉 智昭90.3
 尾崎 将司90.3
R鈴木 宗男80.3
S森山 良子80.3

%は有効回収数(2638人)に占める割合

【平成18年11月17日 讀賣新聞 1面・17面】 より抜粋


このサイトの写真・文章などは、手段や形態を問わず複製・転載することを禁じます。
Copyright (C)2000 Muneo Suzuki Office. All rights reserved.